ニーチェは音楽好きだったことで知られています。
自身、作曲もしていました。

次のページでは、ニーチェと音楽との関係を俯瞰するために、

ニーチェの年譜
音楽に関する出来事と合わせて構成しています(1)

音楽作品集の楽譜もちゃんと出版されています。
Friedrich Nietzsche. Der Musikalische Nachlass, Bärenreiter-Verlag Basel 1976
ニーチェの伝記作家として有名なヤンツ(C.P.Janz)の編集によるものです。
ここには消失した歌曲数曲、ピアノ曲数曲、マニフィカト1曲、
教会のオルガンのためのオルガン曲4曲を除く
74作(草稿含む)
が収められています。

この全集を元に、
音楽作品一覧を作りましたので、参考にしてください(2)

またその中では、
ニーチェ作曲作品のCD情報についても、まとめてあります。

(update:2002.Dec.)


それでは、下記をクリックしてどうぞ各ページへお入りください。




(1)ニーチェ年譜 (2)音楽作品一覧



ニーチェと音楽についての基礎情報

 幼い頃から作曲を行うなど、音楽は彼にとって特別なものでした。
 それは、彼の思想や学問上の態度においても同様でした。彼が最初に著した書物『悲劇の誕生』において、「ディオニュソス的なものとしての音楽」を他の芸術よりもかなり特権的なものとして描いています。

 しかし彼が作曲した音楽作品自体は、当時ワーグナーにも、ハンス・フォン・ビューローにも酷評され、一般にも評価されることはありませんでした。

 とはいえ、ピアノの演奏についてはかなりの腕前であったといわれています。学生時代の即興演奏のすばらしさを、当時の友人ゲルスドルフは語っていますし、コジマも彼のピアノの腕は認めていたといいます。


おまけ、

ニーチェとアート

近現代アートで、ニーチェのエッセンスが入ったものをちょこっと紹介します。
ニーチェから影響を受けたことで知られる芸術家(例えばキリコなど)などはスキップして、
直接の素材になっているもののみ挙げました。随時更新予定。

この年、写真家畠山直哉さんへの取材と講演会をさせていただき、畠山さんについてより知見を深めるために、仙台へ。
せんだいメディアテークでの大規模個展「まっぷたつの風景」と畠山直哉×志賀理江子対談「暗夜行路」(2016年12月24日)を拝見しました。
その「まっぷたつの風景」の中に、これらの写真が展示されていました。畠山直哉「タイトルなし(哲学者)」(2012)。
(2016年展示にて撮影)

一時期同僚でもあった、ヴィデオ・アートの河合政之さん。
「資本空間:vol.6河合政之」(aM、馬喰横山、2006年)の展示には作家の本棚というコーナーがあって、ニーチェの『曙光』が置かれていました。河合先生にとって作品が、ニーチェ的快癒に当たるものだからだそうです。
(2006年展示にて撮影)
横浜トリエンナーレ2017でお見かけした作品、Rob Pruitt(1963-)「Studio Calendar」(2017)に、よく見るとニーチェがいました。
(2017年展示にて撮影)

左:国立西洋美術館(上野)の特別展示「リヒター/クールベ」。ゲルハルト・リヒターの油彩画「Sils Maria」(2003)に、ニーチェ・ハウスが描かれています。
(2018年展示にて撮影)
右:リヒターの写真集『Sils』(Gerhard Richter, Hans-Ulrich Obrist, Peter Andre BlochSils, Distributed Art Pub Inc, 2003)の表紙にある、ニーチェ・ハウスの写真。 (私の私物を撮影)
こちらはニーチェを描いたものとしては有名な作品です。
オスロ市立ムンク美術館所蔵の、ムンク「フリードリヒ・ニーチェ」(1906年)。
2018年には日本の展示でも、妹エリーザベト・ニーチェの肖像画と共に公開されました(「ムンク展―共鳴する魂の叫び」東京都美術館)。
(画像引用元:「ローチケ」、https://l-tike.com/event/feature/munch/18062200/、2020年9月閲覧)

 

2019年には、カナダのオタワにあるNational Gallery of Canadaで"Friedrich Nietzsche and the artists of the New Weimar"という展覧会が開催されたそうです。(行きたかったけど未訪。)マックス・クリンガー(Max Klinger, 1857-1920)によるニーチェの胸像などが展示されました。National Gallery of Canadaの公式動画(https://www.youtube.com/watch?v=9gXwbYwmQj8)に展示の様子が紹介されています展示と同名の理論書も出版されています。

 

さらにおまけ、

ニーチェと映画

映画ですと、ニーチェを主人公にした『善悪の彼岸』(リリアナ・カヴァーニ監督、イタリア・フランス・西ドイツ合作、1977年)が最初に挙がります。1882年のローマという設定でルー・ザロメ/ニーチェ/パウル・レーのいわゆる「三位一体」の恋愛を中心に描いたものです。かなり退廃的なニーチェ像です。

あと『ニーチェの馬』(タル・ベーラ監督、ハンガリー、2011年)は、直接ニーチェを描いたものではありませんが、ニーチェの馬のエピソードにインスパイアされた映画です。
Facebookに、早稲田松竹でこの映画を観たさいの拙い感想を載せています。
→ https:www.facebook.com/yamamotokeiko/posts/317620971671839

ほかにも、Júlio Bressaneという監督が2001年に『Dias de Nietzsche em Turim (英訳:Days of Nietzsche in Turin)』というニーチェの伝記的映画を、2019年にも『Nietzsche sils Maria Rochedo de Surlej (英訳:Nietzsche sils Maria Rochedo de Surlej)』(ともにポルトガル語によるブラジル映画)を製作しています。

またアメリカでは『ニーチェが泣くとき(When Nietzsche Wept)』(2007年)というアートフィルムが、精神科医アーヴィン・D・ヤーロムによる同名の小説(小説は邦訳あり)をもとに作られています。

Youtubeを検索すると、ほかにもBBCのドキュメンタリーなどでニーチェが扱われている映像があったり。

NIETZSCHE トップへ






Copyright(c)2010-Keikoyamamoto.com