ニーチェは音楽好きだったことで知られています。
自身、作曲もしていました。

次のページでは、ニーチェと音楽との関係を俯瞰するために、

ニーチェの年譜
音楽に関する出来事と合わせて構成しています(1)

音楽作品集の楽譜もちゃんと出版されています。
Friedrich Nietzsche. Der Musikalische Nachlass, Bärenreiter-Verlag Basel 1976
ニーチェの伝記作家として有名なヤンツ(C.P.Janz)の編集によるものです。
ここには消失した歌曲数曲、ピアノ曲数曲、マニフィカト1曲、
教会のオルガンのためのオルガン曲4曲を除く
74作(草稿含む)
が収められています。

この全集を元に、
音楽作品一覧を作りましたので、参考にしてください(2)

またその中では、
ニーチェ作曲作品のCD情報についても、まとめてあります。

(update:2002.Dec.)


それでは、下記をクリックしてどうぞ各ページへお入りください。




(1)ニーチェ年譜 (2)音楽作品一覧



ニーチェと音楽についての基礎情報

 幼い頃から作曲を行うなど、音楽は彼にとって特別なものでした。
 そしてそれは、彼の思想においても同様でした。彼が最初に著した書物は、ショーペンハウアーとヴァーグナーの芸術観の影響を色濃く引き継いだもの(『悲劇の誕生』)です。その中では「ディオニュソス的なものとしての音楽」が根源的一者を象徴するものとして描かれています。そのことから他の芸術に対していかに音楽が特権的なものであったかを窺い知ることができるのです。

 しかし彼が作曲した音楽作品自体は、当時ワーグナーにも、ハンス・フォン・ビューローにも酷評され、一般にも評価されることはありませんでした。

 ただし、ピアノの演奏についてはかなりの腕前であったといわれています。学生時代の即興演奏のすばらしさを、当時の友人ゲルスドルフは語っていますし、コジマも彼のピアノの腕は認めていたといいます。

 ただ、彼はピアノの前にに座ると時間を忘れてしまい、他の人をいらいらさせることがあったらしいのです。時代をあれだけするどく読み取った人なのに、・・・場の雰囲気を読み取るのは苦手だったのでしょうか。


NIETZSCHE トップへ





Copyright(c)2010-Keikoyamamoto.com