このページでは、

2002年のニーチェを辿る旅にて購入した
 ニーチェ・グッズの一部を紹介します。
 
  記念館になっているニーチェの家は、4か所
(レッケン・ナウムブルク・シルス・ワイマール)あります。
そこで、本やパンフレット、様々な写真入りはがき、
朗読CD、イベント時のデザインポスターなど、
グッズはなるべく購入しました。
・・・胸像は重くて持ち帰れないので断念しましたが。

ここには紹介していませんが、レッケンとシルスも
絵葉書の種類が豊富でした。

  いかに本国ドイツといえど、ゲーテなどとは異なり、
ニーチェの顔の入ったグッズなどそうそう販売してはいません。
ですので、見つけたらなるべく買っておくようにしています。
  ここでは、その中からキッチュなものを厳選(?)して紹介 します。

マニアにはたまらない、ホテル・エーデルワイスの封筒。

 

絵葉書

毎年訪れているTrier
偶然発見したもの。
まさに灯台下暗し。

こんな身近で
発見できるとは
思わなかったので、
つい浮かれて
売ってた9枚を
買い占めて
しまいました。




以下の品は全部、ヴァイマールのお店で購入したものです。
ヴァイマールは観光に力入っているので、グッズも豊富です。

 


トランプとしおり

ヴァイマールでは、ニーチェ・ゲーテ・シラーの家などを"Stiftung Weimarer Klassik"という団体が統括しています。これらもそこでつくられた商品。
確かTourist-Informationで買いました。他にも

一般の文具屋にてたまたま発見した絵葉書です。
病床のニーチェの有名な絵画の、パロディです。

なんでアヒルなんでしょう?

 

マグカップ

お土産屋にて購入。顔の絵柄(写真参照)の裏側には
「音楽なき生は、誤謬である」というロゴが入っています。

 

スライド用フィルム

唯一ハウスの中で写真撮影が禁止だったヴァイマール。
それゆえ絵葉書やフィルムの購入を余儀なくされるのです。

ちなみにシルスではお金払えば内部も撮影することができました。
レッケンとナウムブルクではフリーでした♪

 

 

 


Copyright(c)2010-Keikoyamamoto.com